ホーム > guide > レンタルDVDをPCに保存して再生する方法

レンタルDVDをPCに保存して再生する方法

000

ご存知のように、レンタルDVDは時間制限があります。でも、仕事やほかの原因でDVDを再生できない場合もたまたまあります。お金を払ってもDVDの動画を見えなくなり、残念ですね。DVD内の映像と音声をPCに保存できる方法があればいいと思う人が多いですね。

DVDはディスクまたDVDプレイヤーがないと見ることができない、と思い込んでいる人も多いかもしれません。

でも実は、DVDの中身をファイルとしてPCに保存する方法がありますよ。自作のDVDもレンタルDVDも、ディスクが手元になくてもDVD内容をPCへ取り込んで再生することが可能です。例えば、レンタルDVDのデータをPCに移動させたら、そのデータはPCの中にあるので、そのDVDを返っても、その作品をいつでも見ることができます。

ここで、DVDデータをPCに保存して他の端末で再生できるノウハウを紹介します。

Step1:DVDの挿入

DVDをDVDドライブに挿入します。

Step2:DVDデータの取り込み

お先にDVDデータをDVDからリッピングできるソフトをご利用してください。

DVDのリッピングがもちろん、抽出された動画をiPad、Nexus 7などの端末で見られる形式の変換もサポートする究極ソフトです。

ソフトを起動してから、“DVDをロードします”をクリックして、DVDファイルをソフトへ追加してください。

001

それから、出力形式をご指定ください。

002

PCで見られる動画形式はAVI、WMV、MPEG4、MP4、MOV…など。

ご注意:出力端末、出直先フォルダーの指定、3D動画への変換、動画の編集などのことも可能です。

003

最後に、変換のボタンを押して、変換開始。

004

Step3:PCでの再生

出力先のフォルダーに保存された映像をパソコンでのムービープレイヤーで楽しもう。

005

以上です。

この一つのソフトだけで、DVDをパソコンで保存、iPadやPS3などの様々なポータブル端末で見られ、複数のDVDを1枚にまとめてDVDに焼くなどのこと完璧に実現できます。

DVDをiPadへ再生したいなら、DVDをiPadへ入れる方法をご参考。

DVDをPSPで視聴したいなら、DVDをPSPで見られる方法をご参考。

DVDをMP4などの動画形式に変換したいなら、DVDデータをMP4形式へ変換をご参考。

動画をDVDに書き込みたいなら、ビデオをDVDに焼く方法をご参考。

Leave a Reply