ホーム > resource > 「iPad mini Retina」と「iPad Air」、どっちがいい?

「iPad mini Retina」と「iPad Air」、どっちがいい?

01

米国時間11月1日、アップル社は「iPad Air」の販売を開始した。最新版iPadがついに登場した。42の国と地域においてオンライン及び実店舗で販売が開始された。

そして、11月中にもう一つの新しくなったiPad mini Retinaディスプレイモデルも発売と案内された。

(正確な発売日はまだ誰も知らないはず…と思いきや、米小売店のTargetが発売日は11月21日だと漏らしてしまいました。日本でも同日に発売、本当?)

では、「iPad Aire」か「Retina搭載iPad mini」か、どちらを購入すればいいのでしょうか。

ここで個人の見解を書いて紹介します。

 

02

iPad Air

03

iPad mini Retina

モデル

Wi-Fi Wi-Fi+Cellular

Wi-Fi Wi-Fi+Cellular

容量

16/32/64/128GB

16/32/64/128GB

バックカメラ

1920x1080ドット

1920x1080ドット

フロントカメラ

1280x960ドット

1280x960ドット

フロントカメラ動画

1280x720ドット

1280x720ドット

高さ

241.0 mm

200 mm

169.5 mm

134.7 mm

奥行き

7.5 mm

7.5 mm

上記の表のように、iPad AirとiPad mini with Retina Displayは仕様上全く同じだ。どちらも高速で、最新ディスプレイを搭載し、サイズと重量においてかつてないほどに近づいている。

iPad Airは、重さが1ポンド(469g)で9.7インチ画面を持つ。価格は499ドルからだ。iPad mini with Retina Displayは、重さが0.73ポンド(331g)で7.9インチ画面を持つ。価格も100ドル安く、399ドルからだ。

 

iPad Air Wi-Fi版

iPad mini
(Retina) Wi-Fi版

16GB

5万1800円

4万1800円

32GB

6万1800円

5万1800円

64GB

7万1800円

6万1800円

128GB

8万1800円

7万1800円

 

 

 

 

 

 

 

 

これらはもちろん、分かっている範囲におけるハードウェア上の違いにすぎない。米CNETではまだテストしていないが、iPad miniは同等の性能を持っているはずだ。iPad miniのバッテリ持続時間がiPad Airよりも劣るという可能性は十分ある。

iPad Airメリット

画面が多きいので、視力が弱い者に適応;

物理的により大きなサイズとソフトウェアキーボードを持って、「iPadで執筆作業をするのが好き」というタイプに適応;

iPad mini Retinaメリット

親指と人差し指でつまんで持っても苦じゃない

ハンドバッグやポシェットにも入る

女性でも片手でつかめる

iPad Airと非常によく似た製品でありながらも、同じストレージ構成で100ドルずつ安くなっている

個人のアドバイスとしては、日常におけるニーズに対して、この文章をご参考してから決めるほうがいいと思います。皆さんの意見は?